事案例:租税条約について

Q.当社では自社のコンテンツを海外に提供することにより収益化に成功しつつあります。取引を行う前には、租税条約について確認する必要があると聞きました。租税条約とは何でしょうか?

A.二重課税の調整、脱税及び租税回避への対応等を通じ、二国間の健全な投資・ 経済交流の促進に資するものであり、日本は平成24 年4 月末現在、64 カ国・地域で53 条約を締結しています。

 

租税条約の概要

租税条約には、OECD(Organisation for Economic Co-operation and Development:経済協力開発機構)加盟国を中心にしたOECD モデル租税条約があり、OECD 加盟国を中心に、租税条約を締結する際のひな型となっています。日本もこれに沿った規定を採用しています。

OECD

モデル租税条約の主な内容 二重課税の調整源泉地国(所得が生ずる国)の課税できる所得の範囲を確定しています。事業所得は、支店等の活動により得た所得のみに課税されます。投資所得(配当、利子、使用料)は、税率の上限を設定しています。

脱税及び租税回避への対応

税務当局間の納税者情報(銀行機密を含む)の交換が行われます。通常、源泉地国で課税された租税を自国の租税から控除する方法(外国税額控除)または源泉地国で生じた所得を課税の対象から除外する方法(所得免除)によって二重課税の排除を行っており、日本では、外国税額控除方法を採用しています。

租税条約のメリット

租税条約のメリットとしては、海外進出する企業は外国への投資や事業から得た利益に対する二重課税を避けることができる点や、税制面で不当な扱いを受けた時に両国間で設けられた協議機関へ申し立てを行うことができる点などが挙げられます。

また、政府は二ヵ国間での投資を促進させることにより事業の拡大がなされるなどの期待をしています。さらに、配当や利子への課税が軽減される点もメリットとして挙げられます。

租税条約適用のための手続

日本から海外に対して利子や配当、使用料などを支払う場合には、原則として20%の源泉所得税が課税され、支払者がその源泉徴収義務を負うことになります。しかし、租税条約の適用によって、海外への支払に対する源泉所得税の減免が認められることがあります。

減免の申請を行うには、「租税条約に関する届出書」を対象となる所得の支払の前までに、支払者の納税地の所轄税務署長に提出する必要があります。

IT企業支援にアクセスいただきまして誠にありがとうございます。
当サイトは東京港区(新橋・汐留・銀座エリア)に事務所を構える汐留パートナーズグループが運営しています。会計事務所、社会保険労務士事務所、法律事務所に所属する公認会計士・税理士・社会保険労務士・弁護士・行政書士等の専門家がワンストップ体制にてサポートしております。

資金繰り、助成金・補助金、経営計画策定、会計税務、経理方法、部門別損益管理、給与計算、社会保険事務手続、事業計画作成、会計ソフト導入、節税対策、確定申告、人事考課、労務リスク管理などに関するサポートをワンストップで行っています。
汐留パートナーズは新橋・汐留・銀座エリアに事務所がありまして、周囲にはたくさんのIT企業があり、たくさんのお客様をお手伝いさせていただいております。IT業界に強い税理士・会計事務所・社労士事務所へどうぞお気軽にご相談下さい。初回相談は無料です。

汐留パートナーズグループについて

汐留パートナーズグループは、高い専門性を誇る公認会計士、税理士、弁護士、社会保険労務士などの各個人事務所と、資格に囚われず幅広く経営をサポートするコンサルティング会社で構成されております。クライアント様は上場企業も含め、様々な業種のお客様からご支持をいただいております。
以下、我々がお客様より特にご支持をいただいているポイントをご紹介致します。

POINT1. 専門性

汐留パートナーズグループは、公認会計士、税理士、弁護士、社会保険労務士といった、資格に裏打ちされたプロフェッショナルが中心となっております。すなわち、専門家としての深い知識と豊富な経験を活かした的確なサポートをご提供しております。

POINT2. 総合力

汐留パートナーズは、単なる専門家の集まりではなく、相互に連携して相乗効果を発揮すべく結合した、ひとつのチームです。そのため、それぞれの専門知識を融合し、経営の全体的観点から、個々のお客様のニーズに合わせた、最適なサービスをご提供することが可能です。また、ひとつの問題に対し、各分野の専門家から、それぞれの視点でアドバイスをすることもできます。グループの連携を活かしたトータル・サポートが、汐留パートナーズの最大の強みと言えます。

POINT3. エネルギー

汐留パートナーズのメンバーは、経営陣も含めそのほとんどが20~30代と若く、エネルギッシュに躍動しています。急なトラブルにも迅速に対応でき、また、ITの変化にも常にアンテナを張っております。ときには若輩者ならではの視点からアドバイスをご提供させていただくこともありますが、新鮮な意見だと評価をいただくこともございます。

POINT4. 親近感

20~40代の若き経営者にとって、同年代のパートナーの存在は大きな支えになると言われています。
やはり我々のクライアント様にも若い経営者が多く、同年代ならではの親近感、親しみやすさについては、大いに評価をいただいております。
汐留パートナーズグループの幹部も、それぞれ個人事務所を構える経営者であり、孤独といわれる経営者の悩みには強く共感しております。皆さまのお悩みを共に考え、解決に導くことで、「親しみやすさ」を「頼もしさ」に変えていくことが、我々の使命と考えております。


');