事案例:フリーソフトを改良して商品化したら?

Q.当社は主にソフトウェア開発を行っているIT企業です。現在、フリーソフトウェアを改良してより使いやすい仕様にして自社利用しています。この自社利用ソフトを商品化して販売していくことは可能しょうか?

A.著作権法で保護されているかがポイントとなります。

 

創作性~著作物か否か~

著作権法は、プログラムは著作物となり得ることを明記しています(著作権法10条1項9号他)。そして、プログラムが著作物として保護されるためには創作的表現といえることが必要とされています(同法2条1項1号)。

これについて、東京地裁判決平成15年1月31日は、「プログラムは、具体的記述において、作成者の個性が表現されていれば,著作物として著作権法上の保護を受ける」とする一方で、「プログラムの具体的記述が、誰が作成してもほぼ同一になるような記述、簡単な内容をごく短い表記法によって記述したもの又はごくありふれたものである場合」には、「作成者の個性が発揮されていないものとして、創作性がない」としました。

これをふまえると、上記判断基準から元のソフトウェアに創作性がないのであれば、そもそも著作権として保護されませんので、貴社の改良ソフトウェアの商品化も可能ということになります。もっとも、上記の基準を満たすかどうかの判断は画一的に行うことはできず難しい問題です。

したがって、一般に流通しているフリーソフトウェアは、創作性を有し、著作物として保護されると考えた方が無難です。特に、フリーソフトウェアの多くは、製作者が権利を保持したまま、修正や再配布を利用者に認めているにすぎません。そこで、著作権については市販のソフトウェアと同様に考える必要があります。

複製権・翻案権侵害となるか

貴社の改良ブログラムが、元のプログラムと実質的に同一だということができれば「複製」に該当し、実質的に同一とはいえない程度の改変を加えていたとしても、元のプログラムとの類似性が相当程度残されており、元のプログラムの本質的特徴を直接理解できるような場合には「翻案」に該当し、それぞれ複製権、翻案権の侵害(著作権侵害)になります。

ご質問の場合

改良の内容が元のプログラムのバージョンアップのようなものであれば、創作的特徴部分を直接理解できるといえ、元のプログラム著作権者の翻案権に抵触します。この場合には、元のプログラム著作権者から使用許諾を得るか、著作権の譲渡を受けてからでなければ改良プログラムの商品化はできません。

他方、貴社のプログラムが、元のプログラムのアイディアを利用しただけで具体的記述に独自の個性が認められ、新たな著作物を創作したといえるような場合であれば、元のプログラムの著作権に抵触しませんので、改良プログラムの商品化をすることが可能です。

IT企業支援にアクセスいただきまして誠にありがとうございます。
当サイトは東京港区(新橋・汐留・銀座エリア)に事務所を構える汐留パートナーズグループが運営しています。会計事務所、社会保険労務士事務所、法律事務所に所属する公認会計士・税理士・社会保険労務士・弁護士・行政書士等の専門家がワンストップ体制にてサポートしております。

資金繰り、助成金・補助金、経営計画策定、会計税務、経理方法、部門別損益管理、給与計算、社会保険事務手続、事業計画作成、会計ソフト導入、節税対策、確定申告、人事考課、労務リスク管理などに関するサポートをワンストップで行っています。
汐留パートナーズは新橋・汐留・銀座エリアに事務所がありまして、周囲にはたくさんのIT企業があり、たくさんのお客様をお手伝いさせていただいております。IT業界に強い税理士・会計事務所・社労士事務所へどうぞお気軽にご相談下さい。初回相談は無料です。

汐留パートナーズグループについて

汐留パートナーズグループは、高い専門性を誇る公認会計士、税理士、弁護士、社会保険労務士などの各個人事務所と、資格に囚われず幅広く経営をサポートするコンサルティング会社で構成されております。クライアント様は上場企業も含め、様々な業種のお客様からご支持をいただいております。
以下、我々がお客様より特にご支持をいただいているポイントをご紹介致します。

POINT1. 専門性

汐留パートナーズグループは、公認会計士、税理士、弁護士、社会保険労務士といった、資格に裏打ちされたプロフェッショナルが中心となっております。すなわち、専門家としての深い知識と豊富な経験を活かした的確なサポートをご提供しております。

POINT2. 総合力

汐留パートナーズは、単なる専門家の集まりではなく、相互に連携して相乗効果を発揮すべく結合した、ひとつのチームです。そのため、それぞれの専門知識を融合し、経営の全体的観点から、個々のお客様のニーズに合わせた、最適なサービスをご提供することが可能です。また、ひとつの問題に対し、各分野の専門家から、それぞれの視点でアドバイスをすることもできます。グループの連携を活かしたトータル・サポートが、汐留パートナーズの最大の強みと言えます。

POINT3. エネルギー

汐留パートナーズのメンバーは、経営陣も含めそのほとんどが20~30代と若く、エネルギッシュに躍動しています。急なトラブルにも迅速に対応でき、また、ITの変化にも常にアンテナを張っております。ときには若輩者ならではの視点からアドバイスをご提供させていただくこともありますが、新鮮な意見だと評価をいただくこともございます。

POINT4. 親近感

20~40代の若き経営者にとって、同年代のパートナーの存在は大きな支えになると言われています。
やはり我々のクライアント様にも若い経営者が多く、同年代ならではの親近感、親しみやすさについては、大いに評価をいただいております。
汐留パートナーズグループの幹部も、それぞれ個人事務所を構える経営者であり、孤独といわれる経営者の悩みには強く共感しております。皆さまのお悩みを共に考え、解決に導くことで、「親しみやすさ」を「頼もしさ」に変えていくことが、我々の使命と考えております。


');