事案例:職場でのパワーハラスメントについて

Q.私は女性ですが、携帯のアプリなどのプログラム開発の仕事をしております。あまりお酒が飲めないし、仕事の終わりに疲れていて、早く帰宅したいのですが、勤務している会社には男性従業員が多く、上司や先輩にお酒を勧められると、断りづらい環境です。お酒を飲むのはプライベートのことだと思われていますが、飲酒強要って、パワハラになるでしょうか。

A.IT関係などの技術系の会社の女性従業員は、男性従業員に囲まれる職場環境で働くのが、大変ですね。飲酒強要は「パワハラ」と認定されていますので、上司や先輩の飲酒強要行為を断ってもよろしいかと思います。

飲酒強要は不法行為

飲酒強要などのパワハラを受けたという理由で、ホテル運営会社の元社員が会社と元上司に対して、損害賠償などを求めた訴訟を提起しました。

結果として、控訴審判決で飲酒強要は東京高裁によって、不法行為と認定され、会社側は150 万円の支払いを命じられることになりました。

「職場のパワーハラスメント」の予防と解決

職場の「パワハラ」は、労働者の尊厳や人格に損害を与える許されない行為であり、その発生によって、「職場の生産性の低下」や「人材の流出」など企業に損失を与える可能性があるので、労働者の働く意欲を向上させ、職場の活力を増すために、早急に予防や解決に積極的に取り組む必要があります。

職場のパワハラをなくすためには、以下が必要となります。

①企業や労働組合そして一人ひとりの取組み

職場のパワハラの概念・行為類型やワーキング・グループ報告に示された取組例を参考に取り組んでいくことです。企業や労働組合はもちろん、組織の取組みが形だけのものにならないよう、職場の一人ひとりにも、それぞれの立場から取り組む必要があります。

②トップマネジメントへの期待

職場のパワハラは、組織の活力を損なうものであるため、こうした問題が生じないような組織文化が求められます。その組織文化を育てていくためには、自らが模範を示すと同時に、その姿勢を明確に示すなどの取組みが必要となります。

③上司の立場にある方への期待

上司として、パワハラは無論、してはいけないことですが、部下にもさせないように職場を管理し、職場で起こってしまった場合、その解決に取り組む役割を果たすべきです。

④職場の一人ひとりへの期待

互いの価値観の異なる部分を認め、人格を尊重し合い、互いに理解し協力し合うべきです。互いを受け止めるために、コミュニケーションを適切に行う必要があることを心がけるべきです。

「パワハラ防止規程」の用意

パワハラ訴訟などは、経営上まったく無用なコストなので、予防対策として服務規律違反の処罰の強化やパワハラ防止規程を作成し、社員に知ってもらう必要があります。

IT企業支援にアクセスいただきまして誠にありがとうございます。
当サイトは東京港区(新橋・汐留・銀座エリア)に事務所を構える汐留パートナーズグループが運営しています。会計事務所、社会保険労務士事務所、法律事務所に所属する公認会計士・税理士・社会保険労務士・弁護士・行政書士等の専門家がワンストップ体制にてサポートしております。

資金繰り、助成金・補助金、経営計画策定、会計税務、経理方法、部門別損益管理、給与計算、社会保険事務手続、事業計画作成、会計ソフト導入、節税対策、確定申告、人事考課、労務リスク管理などに関するサポートをワンストップで行っています。
汐留パートナーズは新橋・汐留・銀座エリアに事務所がありまして、周囲にはたくさんのIT企業があり、たくさんのお客様をお手伝いさせていただいております。IT業界に強い税理士・会計事務所・社労士事務所へどうぞお気軽にご相談下さい。初回相談は無料です。

汐留パートナーズグループについて

汐留パートナーズグループは、高い専門性を誇る公認会計士、税理士、弁護士、社会保険労務士などの各個人事務所と、資格に囚われず幅広く経営をサポートするコンサルティング会社で構成されております。クライアント様は上場企業も含め、様々な業種のお客様からご支持をいただいております。
以下、我々がお客様より特にご支持をいただいているポイントをご紹介致します。

POINT1. 専門性

汐留パートナーズグループは、公認会計士、税理士、弁護士、社会保険労務士といった、資格に裏打ちされたプロフェッショナルが中心となっております。すなわち、専門家としての深い知識と豊富な経験を活かした的確なサポートをご提供しております。

POINT2. 総合力

汐留パートナーズは、単なる専門家の集まりではなく、相互に連携して相乗効果を発揮すべく結合した、ひとつのチームです。そのため、それぞれの専門知識を融合し、経営の全体的観点から、個々のお客様のニーズに合わせた、最適なサービスをご提供することが可能です。また、ひとつの問題に対し、各分野の専門家から、それぞれの視点でアドバイスをすることもできます。グループの連携を活かしたトータル・サポートが、汐留パートナーズの最大の強みと言えます。

POINT3. エネルギー

汐留パートナーズのメンバーは、経営陣も含めそのほとんどが20~30代と若く、エネルギッシュに躍動しています。急なトラブルにも迅速に対応でき、また、ITの変化にも常にアンテナを張っております。ときには若輩者ならではの視点からアドバイスをご提供させていただくこともありますが、新鮮な意見だと評価をいただくこともございます。

POINT4. 親近感

20~40代の若き経営者にとって、同年代のパートナーの存在は大きな支えになると言われています。
やはり我々のクライアント様にも若い経営者が多く、同年代ならではの親近感、親しみやすさについては、大いに評価をいただいております。
汐留パートナーズグループの幹部も、それぞれ個人事務所を構える経営者であり、孤独といわれる経営者の悩みには強く共感しております。皆さまのお悩みを共に考え、解決に導くことで、「親しみやすさ」を「頼もしさ」に変えていくことが、我々の使命と考えております。


');