モバイルオンラインゲームを提供するKLabのビジネス

本日は、KLabのビジネスについて紹介します。

会社概要&沿革

KLab株式会社(KLab Inc.)は、本社所在地 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワーの東証1部上場企業です。他に大阪・岡山・福岡・仙台に支社を持ち、従業員数は546人になります。

主要取引先には、Apple・アディダス・docomo・カプコン・グーグル・グリー・KDDI・集英社・ソフトバンク・タカラトミー・バンダイナムコ・ブシロード・ミクシィなど大手企業が並びます。主な沿革は以下のとおりです。

2000年 ケイ・ラボラトリー創業
元々はサイバード(携帯のモバイルコンテンツ事業を手掛ける企業)の研究・開発部門だったが、半年後には株式会社ケイ・ラボラトリーが設立します。
2004年 USENの連結子会社になり、同時にKLab株式会社に社名を変更
2009年 ソーシャルゲーム開発に特化した子会社‘’KlabGames‘’を立ち上げ
2011年 東京証券取引所のマザーズに上場
2012年 東京証券取引所一部に上場
2014年 中国のシャンダゲームズ&韓国のネイバー株式会社と業務提携を結ぶ

現在、「うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live」(通称うた☆プリと呼ばれる、ゲームやアニメなどで女性から絶大な支持を集めるタイトルです。)を開発中です。

主要人物

KLab株式会社の主要人物は、代表取締役CEOである真田哲弥氏です。

真田哲弥氏は関西学院大学の経済学部を中退していますが、「真田を知らない学生はモグリ」と噂がたつほど在籍していた関西キャンパスでは存在感のある存在で、マイライセンス(スキーと自動車免許合宿がセットになった学生ツアーの斡旋を行う)事業を起業、大人気となり設立後2年で5億円の売り上げました。

その後トラブルにより、10数億円の負債を抱えて転落しますが、36歳の若さで2000年にKLabを設立し、売上150億円を超える企業に成長させます。著書は「なぜ、ベンチャ-は失敗しやすいのか?成功するビジネスプラン、7つのエッセンス」などがあります。

コア事業

KLabのコア事業はゲーム事業で、スマホ向けアプリが中心で、モバイルオンラインゲームを提供しています。

チーム力(様々な職種や年齢層の社員がアイディアを出して討議を重ね、チーム全体でより魅力的なゲーム作りを行います。)・企画力(利用者の予想を超えた「新しい体感」が存在するゲームが現在流行しているゲームであり、それを研究・追及することで大ヒットであるという考えを軸にゲームを企画します。)・適応力(モバイルオンラインのゲーム環境は日々めまぐるしく変化しており、その変化に適応し、挑戦を続けること。)という3つの武器を柱に、ゲームをリリースしています。

2015年にはKLabとブシロードが共同開発した「ラブライブ!スクールアイドル フェスティバル」が「ゲームアプリ年間ランキング」第1位(対象アプリ377本)を獲得するなど、高い評価を得ています。

近年、海外に向けての配信も開始し、マニラ・上海・シンガポール・アメリカに支社を設立し、グローバルな活躍が期待されています。
その他事業では、スマホアプリの企画・開発・提供も運営しています。

IT企業支援にアクセスいただきまして誠にありがとうございます。
当サイトは東京港区(新橋・汐留・銀座エリア)に事務所を構える汐留パートナーズグループが運営しています。会計事務所、社会保険労務士事務所、法律事務所に所属する公認会計士・税理士・社会保険労務士・弁護士・行政書士等の専門家がワンストップ体制にてサポートしております。

資金繰り、助成金・補助金、経営計画策定、会計税務、経理方法、部門別損益管理、給与計算、社会保険事務手続、事業計画作成、会計ソフト導入、節税対策、確定申告、人事考課、労務リスク管理などに関するサポートをワンストップで行っています。
汐留パートナーズは新橋・汐留・銀座エリアに事務所がありまして、周囲にはたくさんのIT企業があり、たくさんのお客様をお手伝いさせていただいております。IT業界に強い税理士・会計事務所・社労士事務所へどうぞお気軽にご相談下さい。初回相談は無料です。

汐留パートナーズグループについて

汐留パートナーズグループは、高い専門性を誇る公認会計士、税理士、弁護士、社会保険労務士などの各個人事務所と、資格に囚われず幅広く経営をサポートするコンサルティング会社で構成されております。クライアント様は上場企業も含め、様々な業種のお客様からご支持をいただいております。
以下、我々がお客様より特にご支持をいただいているポイントをご紹介致します。

POINT1. 専門性

汐留パートナーズグループは、公認会計士、税理士、弁護士、社会保険労務士といった、資格に裏打ちされたプロフェッショナルが中心となっております。すなわち、専門家としての深い知識と豊富な経験を活かした的確なサポートをご提供しております。

POINT2. 総合力

汐留パートナーズは、単なる専門家の集まりではなく、相互に連携して相乗効果を発揮すべく結合した、ひとつのチームです。そのため、それぞれの専門知識を融合し、経営の全体的観点から、個々のお客様のニーズに合わせた、最適なサービスをご提供することが可能です。また、ひとつの問題に対し、各分野の専門家から、それぞれの視点でアドバイスをすることもできます。グループの連携を活かしたトータル・サポートが、汐留パートナーズの最大の強みと言えます。

POINT3. エネルギー

汐留パートナーズのメンバーは、経営陣も含めそのほとんどが20~30代と若く、エネルギッシュに躍動しています。急なトラブルにも迅速に対応でき、また、ITの変化にも常にアンテナを張っております。ときには若輩者ならではの視点からアドバイスをご提供させていただくこともありますが、新鮮な意見だと評価をいただくこともございます。

POINT4. 親近感

20~40代の若き経営者にとって、同年代のパートナーの存在は大きな支えになると言われています。
やはり我々のクライアント様にも若い経営者が多く、同年代ならではの親近感、親しみやすさについては、大いに評価をいただいております。
汐留パートナーズグループの幹部も、それぞれ個人事務所を構える経営者であり、孤独といわれる経営者の悩みには強く共感しております。皆さまのお悩みを共に考え、解決に導くことで、「親しみやすさ」を「頼もしさ」に変えていくことが、我々の使命と考えております。


');